2017年12月18日

【市議会】

高岡市の借金は、誰に返させるのか?

こんにちは、瀬川侑希です。

 

まだ12月議会の会期中ですが、次回3月議会では、来年度の予算編成が争点になりますので、一度「高岡市の借金」に関して、おさらいをしておこうと思います。

 

高岡市の2016年度決算をみると、

歳入732億円に対し、借金の残高は1,128億円でした。

 

入ってくる以上のお金を借りている(1.5倍以上!)とは、一般の感覚からすると、やはりちょっとびっくりします。家庭でも、家を買ったり、車を買ったり、、、借金をする事はありますが、ローンを組み、毎年返済していきます。

 

しかし、逆に高岡市は少しずつ借金を増やしています。先日、市長が「財政健全化緊急プログラム」を発表しましたが、これは、今後毎年40億円の歳出超過が見込まれるので、5年で40億円、毎年8億円ずつ減らし、「2022年度当初予算編成時までに歳出超過の解消」を目標としています。という事は、「2021年度までは借金が増え続けますよ」と発表した事と同じであり、「これ以上増えるのか、、、」と私は強いショックを受けました。

 

これをグラフで示すと、下のようになります。きれいな「右肩上がり」。借金は1,200億を超えるでしょう。

←「貯金」は2010~2017のみ抽出し、また、「財政調整基金」「減債基金」「合併地域振興基金」のみの合計

 

私は、これ以上の借金の積み増しは、どうしても我慢できません。みなさん、どこまでの借金なら許せますか?

 

辞書によると、「借金・・・借りた金銭」とあります。自分のお金ではなく、「借りた」お金です。現在は払えないので、「未来の自分」からお金を借りています。

当然、借りたものは返さなければいけません。個人の借金の場合は、その個人が将来返せばよいのですが、自治体の場合、「借りた世代」ではなく、「将来の世代」が払う事になります。

 

「将来の世代」が払う借金は、言い換えれば「自分の子や孫」が払う借金でもあります。どこの世に、自分の子や孫が払う借金を、どんどん増やす親がいますでしょうか…。

 

私は、借金がすべて悪いと思っているわけではありません。高岡市の今の借金によって、駅前も開発されましたし、新幹線駅もできました。しかし、歳入の1.5倍以上の借金を残している状態で、これ以上の借金の積み増しは、してはいけないと思っています。

 

今の世代の責任として、いずれバトンタッチする将来世代に対して、彼らがかじ取りを担うときに、思い切って政策を実行できる状態にしておかないといけないのではないでしょうか?

将来は将来の問題が必ず起こります。その時に過去に積み上げた借金のせいで、身動きが取れない状態になっていたら、、、そう考えると、私は今の状態を続けている事がとても悔しいです。

 

借金が膨れ上がった高岡に、将来世代は住みたいでしょうか?

借金を増やして作られた高岡に、住みたいでしょうか?

みなさん、大事な大事な子や孫のために、少しでも借金を減らしませんか?

 

 

もしかしたら、近くの施設や今まで出ていた補助金が無くなるかもしれませんが、子や孫のために、我慢しませんか?

(私のばあちゃんは、勝木原(のでわら)から街中まで、歩いて米を運んでいたそうです。それより不便になる事なんてないはずですから!)

2017年12月11日

【市議会】

高岡市議会 12月定例会(前編)

こんにちは、瀬川侑希です。

 

こちらは高岡市議会「12月定例会」の日程表です。12/4(月)~12/20(水)の17日間が会期となります。

 

今回は、「議会って何をしているの?」に関して、高岡市議会「12月定例会」を例に、時系列を交えながらお伝えしたいと思っています。

 

11/20(月)の高岡市議会は、「臨時会」で、議長・副議長の選出など、「組織づくり」のような位置付け、1日だけの開催でした。

なので、「12月定例会」が私にとって実質、最初の議会になります。

 

では、「12月定例会」では何をしているのか?というと、大きく2つに分けられます。

それは、『市政のチェック』『市民の要望を届ける』です。

まさに、この2つは市議会議員の仕事の根幹だと思います。

 

まず、『市政のチェック』ですが、

初日の12/4(月)に市役所側から、「今回の定例会で通したい議案」が提案されました。

高岡市議会の「12月定例会」でいうと、約8億の一般会計補正予算、約12億の特別会計補正予算、国の法律改正に伴う条例(高岡市のみで通用する法律のようなもの)改正、公共施設の指定管理者の指名、などがありました。

 

これをその日から2週間ほど、自分で調査する事になります。

そして、12/14(木)にそれぞれの議案をどの委員会で議論するか振り分けられ、12/15(金)or12/18(月)に委員会が開かれます。

 

ここで、「委員会」というものを説明しないといけないですが、

市役所の業務は多岐に渡るので、全議員が全案件を議論するのではなく、議員にも専門性を持たせ、自分のジャンルに該当する案件だけ話そうよ、という方法が取られています。

 

いわゆる「常任委員会」と呼ばれるもので、高岡市には「総務文教常任委員会」「民生病院常任委員会」「産業建設常任委員会」という3つの常任委員会があります(私は、「産業建設常任委員会」に所属する事になりましたが、これも1年でローテーションしていくようです)。

12/4(月)に市役所側から出された議案が、この3つに振り分けられ、議員それぞれは、自分が所属する常任委員会の案件のみ、委員会で議論する事ができます。そして、会期中に、委員会としての意見をまとめ、最終日12/20(水)に、全議員が出席する本会議に報告され、採決がされます。

 

自分が所属しない常任委員会の案件は、議論には参加できず、採択のみで関わる事になります。

 

 

もう一つが、『市民の要望を届ける』です。

これは、いわゆる「一般質問」と呼ばれるもので、議員ひとりに20分の持ち時間(それに対する市役所側の返答は40分)が与えられ、12月定例会提出議案だけでなく、広く市政一般に対する質問・提案ができます。

会期の中盤に行われる事が多く、今回でいうと、12/11(月)、12/12(火)、12/14(木)に行われます。

 

私の質問は、明日12/12(火)10時~11時となり、子育て環境政策、人口政策、財政について質問します。

 

本日は同僚議員7名が一般質問を行いました。

鋭い指摘もたくさんあり、特に、

「議員や市民であっても企業誘致のセールスマンになれるよう、みんなに渡せるセールスシートや動画を用意したらどうか?」

「新高岡駅で伝統産業の展示をしているが、展示だけじゃなく、触れられるようにすべきだ。それで食事ができる仕掛けをしてもいいじゃないか。」

「公共施設の再編が、面積論で語られるのはおかしい。費用を抑制するのが目的のはずだ。」

などはとても素敵なアイディアだと感じました。

 

まだ数日ですが、議会に参加してみての第一印象として、

①一般質問の返答に「検討していきます」「前向きに」が多い。「努力目標」になっており、強制力が無い事に無力感を感じる。

②自分が所属しない常任委員会の案件は、議論には参加できず、歯がゆい。

③市役所に質問をぶつける場はあるが、議員同士で意見を戦わせる場が公にはない。

などと感じています。会期が終わった時には、違う事を思っているかもしれず、また振り返ってここで書きます。

 

まずは、明日頑張ります!!

2017年11月10日

【選挙】

選挙の費用(私の場合):これから立候補される方のために

こんばんは、瀬川侑希です。

 

この度は応援してくださったみなさまのおかげで、高岡市議会議員選挙に当選することができました!本当にありがとうございました!

 

振り返ってみると、、、

初めて選挙を戦ってみて、あまりに分からないことが多く、それを調べるのに時間を多く使いました…。選挙の知識は「経験者の頭の中」にあることが多く、新人が挑戦しにくい環境であると感じました。

私は今回33歳で最年少の挑戦でしたが、街の未来を決める選挙です。次回の選挙では「もっと若い人がでてきてほしい!20代だって挑戦してほしい!」と思っています。しかし、私もそうだったのですが、新人だからこそ「実際いくらかかるの?足りるかな?」という資金面での不安が最後までありました。

自分より若い人が、チャレンジしたい!と思った時に、少しでも手助けになればと思い、自分の振り返りも含めて、私の場合の選挙の費用をお伝えしたいと思います。

 

私の場合、反省点としては、事務所決めに難航し、全体として費用が膨らんでしまったことがあります。これから、みなさまの税金から給料をいただく身になるので、次回があれば、必ず費用を抑えることをお約束しますが、今回ばかりは自己資金という事でお許しいただければと思います。

また、後援会活動を通して、多くのご寄付をいただきましたが、選挙活動はすべて自己資金からとし、いただいたご寄付は今後の後援会活動で大切に使わせていただきます。ありがとうございました!

 

 

(まず初めに、公平性の観点から、「公営」というルールがあり、私に限らず他の候補者に対しても、選挙カーのガソリン代、選挙カーのレンタル料、運転手の方への報酬、ポスター印刷費の一部は市から支払われます。)

 

人件費:約16万円

主にいわゆるウグイス嬢の方への報酬です。他には運転手の方への報酬が約9万円ありましたが、こちらは「公営」となります。

 

選挙事務所費:約87万円

他の方より圧倒的にお金がかかってしまっていると思います。家の近くに適当な空き物件がなく、住んでいるアパートを事務所にするわけにもいかず、土地を借りてプレハブを建てるという方法を選択しました。どうせならピンチをチャンスに変えてやれ!と思い、宣伝効果を狙って幹線道路沿いに。非常に交通量が多い場所だったため、投資対効果は高かったと思います。それにしてもかかりすぎたので、次回があるなら、ここは大幅に抑えたいです…。

 

演説会場費:約9万円

公民館での開催が少なく、民間施設での開催が多かったので、少し費用がかかりましたが、公民館での開催を多くすればもっと抑えられると思います。

 

印刷費:約18万円

主にハガキの印刷費です。他にポスターの印刷費が約35万円ありましたが、こちらは「公営」となります。

 

広告費:約37万円

事務所看板、選挙カー看板、選挙カーへのスピーカー取り付け、にかかった費用です。新聞に折り込まれる「選挙公報」は広告ではありませんので、私としては費用はかかっておりません。また、選挙カーのガソリン代約2万円と選挙カーのレンタル料約11万円は「公営」となります。

 

食糧費:約12万円

スタッフの弁当代、お茶代です。

 

雑費:約5万円

主に文具費や事務所の電気料金です。スタッフの目印として使っていたスカイブルーのバンダナの費用もこちらに含まれています。

 

以上、私の場合は合計約184万円でした。もちろんどうしても必要なものもあるのですが、振り返ってみると、自宅を事務所にするなどすれば、70万円程度抑えられたと思っています。

 

また、選挙関連の費用ではないのですが、3月に会社を退職してから後援会活動を始め、パンフレット制作費、ホームページ制作費、後援会の看板制作費、後援会員への活動報告郵送費などで、約150万円投資しました。

 

 

という事で、後援会活動も含めて、私は約334万円でしたが、工夫すれば300万円以下にできたと思いますし、これから志される方も、戦い方次第では200~250万円ほどでも十分戦えると思います。細かい事もお伝えできますので、我こそは!と思われる方はぜひご連絡ください。

2017年10月21日

【選挙】

10月21日、高岡市内を練り歩き街頭演説をいたします!

選挙戦も残すところあと1日!瀬川ゆうきは高岡市内を練り歩き、各地で街頭演説をいたします。

もちろん選挙カーも市内を巡り街宣をしてまわります。

お見かけの際は、どうぞあたたかいご声援をかけてくださるよう、よろしくお願いいたします。

時間は多少前後する可能性がありますが、あらかじめご了承ください。

10:00 清水町ローソン様 練り歩きスタート
10:05 南町交差点
10:25 博労町極楽寺様
10:45 博労本町
11:00 永楽町
11:15 木津の庄
11:45 ますや食堂様にて休憩
12:30 木津南交差点
12:40 泉ヶ丘交差点
12:50 高岡信用金庫佐野支店様
13:05 おとぎの森
13:30 スポーツコア
13:35 イオンモール高岡様
13:50 ゼロックス様駐車場
14:00 サンコー京田店様
14:20 新鮮市場高岡駅南店様、ホームセンタームサシ高岡駅南店様
14:40 蓮花寺交差点
その後、蓮花寺、井口本江、出来田を歩いてまわります。
15:30 瀬川ゆうき選挙事務所 着
16:00 高岡エクール様(和室)にて最後の演説

2017年10月20日

【選挙】

高岡駅前で街頭演説を行いました。

こんばんは、瀬川ゆうきです。

本日はJR高岡駅改札前での挨拶および、駅前での街頭演説を行いました。

高岡駅を利用する1人でも多くの市民の方に、瀬川の想いを届けるべく精一杯の声で呼びかけをしました。

今日はFacebookのライブ配信機能も使い、その場にいない方々にもリアルタイムで聴いていただけるように工夫しました。ぜひ一度、演説を聴いてください。

高岡駅で演説をするときは必ず、なぜ新高岡駅が今の高岡駅と別々になってしまったのか?という悔しい想いを皆さんに伝えています。実は新駅が今の場所に決まったのは、約30年前なんです。これはつまり、今の私たちの下す決断が、30年後の未来の高岡市民にとってプラスにもマイナスにも大きな影響を与えてしまうということです。

 

高岡市全体の、30年以上先の未来のためになる決断ができる政治家になることを目指しています。

2017年10月19日

【選挙】

10月21日(土)に瀬川ゆうき決起式を行います!

高岡市議会議員選挙、候補者「瀬川ゆうき」の最終決起式を行います。雨天決行です。

瀬川ゆうきに投票してください。瀬川ゆうきの声を、想いを、聴いてください。

【日時】10月21日(土)

【集合時間】午前9時00分

【集合場所】サカエ金襴様 旧社屋 駐車場 (高岡市問屋町97、ファミリーマート横)

みなさまのお越しを心より、お待ちしております。どうぞお集まりの程、よろしくお願い申し上げます。

 

また本日19日も、個人演説会を博労町極楽寺様にて開催いたしました。

盤若進二様をはじめ博労町自治会長様にも応援弁士の演説をしていただき、130名ほどの方にお集まりいただきました。本当にありがとうございました!

 

高岡市議会議員選挙は22日(日)が投票日です。期日前投票もできます。高岡市役所本庁舎1階では夜9時まで、投票所にて投票できます。

2017年10月18日

【選挙】

瀬川ゆうき 選挙演説の動画をアップしました。

高岡エクール様で行われた「瀬川ゆうきを励ます会」の演説動画をアップいたしました。
まだ、瀬川の演説を聴いていない方!もう一度聴きたい方!お待たせいたしました。

1人でも多くの方に、瀬川の声が届くように最後の瞬間まで走り続けます!

 

 

瀬川ゆうきの高岡への思いをまとめた文章は、こちらです。
https://segawayuki.net/blog/opinion/koku/

高岡市議会選の投票日は、衆院選と同じく22日(日)、投票時間は午後8時までです。
期日前投票も受け付けています。高岡市役所本庁舎では午後9時まで1階投票所にて投票可能です。
ぜひ、期日前投票で「瀬川ゆうき」に投票してください。

2017年10月16日

【選挙】

瀬川ゆうき個人演説会予定

こんばんは、瀬川ゆうきです。先ほど、井口本江公民館での演説会を終えました。

16日以降も個人演説会、街頭演説を予定しております。

一人でも多くの方に瀬川ゆうきの政策やふるさと高岡への熱い想いを知っていただきたいです。

ご家族、お友達をお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

 

 

●個人演説会予定 ✳︎場所をクリックすると地図が表示されます

10/17(火)19:00〜 出来田深沢公民館 高岡市出来田280

 

10/18(水)19:00〜 佐野公民館 高岡市佐野276−5

 

10/19(木)18:30〜 極楽寺様 高岡市博労町3−22

極楽寺様に車でご来場される方は、事前に080−3047-6619にご連絡ください。
なるべく乗り合わせでご来場ください。

また、JR高岡駅前での街頭での挨拶もいたします。ご通行中・ご帰宅中の皆さまには、お騒がせいたしますが、瀬川ゆうきの声・想いを聞いていただけると幸いです。

10/20(金)19:00〜 街頭演説 JR高岡駅

 

10/21(土)9:00〜 決起式 サカエ金襴様 旧社屋 駐車場(高岡市問屋町97 ファミリーマート様横)

10/21(土)16:00〜 個人演説 高岡エクール 和室

2017年10月15日

【選挙】

高岡市議選が告示!街宣、ポスター貼り大作戦が始まりました。

本日10月15日、高岡市議会議員選挙が告示され、選挙期間がスタートしました。

本日より22日の投票日までのあいだ、選挙カーに乗って高岡市内を巡ります。お騒がせいたしますが、何卒ご理解とご支援のほどお願いいたします。

午前8時30分、高岡市役所で選挙管理委員会より選挙活動に必要な腕章などを受けとり、瀬川ゆうき陣営も選挙戦に突入しました。選挙期間の大仕事の1つが、市内約300ヶ所のポスター貼りです。これには瀬川ゆうきを支援する人々の輪が広がり結成されたチームで、「ポスター貼り大作戦」を展開。ただいま市内各地をめぐり、看板にポスターを貼っています。

集まってくださった方々の1人1人の表情を見ていると、何とお礼を申し上げてよいか、どんな言葉で表現しても足りないほどに感謝の気持ちでいっぱいになります。皆さんのためにも、最後の瞬間まで闘いぬきます!





 

なお、瀬川ゆうきのポスターの貼り位置の番号は13番。瀬川ゆうきの誕生日の日付の13日と同じ数字です!

 

また、本日から選挙事務所もオープン、事務所の看板も無事に設置されました。

瀬川ゆうきのスローガンは、「子どもたちに誇れる高岡を、いっしょに描いていこう。」です!

 

さらに選挙カーも、ついにそのベールを脱いで今日から高岡市内を巡っております。いろいろとお騒がせいたしますが、何卒ご容赦ください。

 

選挙期間中は、市内各地で個人演説会も予定しています。

瀬川ゆうきの考える高岡の未来について、話を聴いてみたいという方の来場をお待ちしております。

 

 

高岡市議会議員選挙投票日は、衆議院議員選挙と同じ、10月22日(日)です。

期日前投票は、明日、10月16日(月)から、下記の各期日前投票所で可能となります。

【期日前投票所】
・高岡市役所 1階市民ロビー(高岡市広小路7-50)
午前8時30分~午後9時
・福岡庁舎 1階会議室(高岡市福岡町大滝12)
午前8時30分~午後8時
・伏木コミュニティセンター 2階会議室(高岡市伏木湊町13-1)
午前8時30分~午後8時
・農業センター研修室(高岡市西平蔵234)
午前8時30分~午後8時

2017年10月13日

【観光】

歩くとおもしろい町、高岡!運動不足を解消しながら歴史探訪しませんか?

今回は瀬川ゆうきが、親しい友人と意見を交わしてでてきたアイディアを紹介します。

みなさんは、自分の住む高岡の歴史のことをどれくらい知っていますか?

加賀藩主、前田利長公が高岡の町を開いた年。
高岡の観光名所、山町筋に並ぶ家々が土蔵造になったきっかけ。
千保川がかつて庄川の本流で頻繁に洪水がおきていたこと。
万葉線の隣にかつて、大きな用水路(庄方用水)があったこと。
高岡御車山祭ではむかし武者行列も行われていたこと。

などなど、私たちの高岡には、教えてもらえないとなかなか気づけない興味深い物事、魅力が詰まっています。
私は、高岡にある色々な宝に気づくには、じっくり歩いてみるという方法が一番良いのではないかと考えています。
スタート地点は高岡城跡か高岡大仏さんで、町中をぐるりと一周する4~5kmのコースです。

まさに歴史都市高岡のディープな魅力を味わいつつ、運動不足も解消できる、学びと運動両方の良い体験ができます!

その町歩きをさらに面白くするのが、独自の視点で作ったマップです。


このような土地の高さがわかる地図を見ると、高岡城跡がまわりより1段高い台地にあるのが分かります。
前田利長がこの町に「高岡」と名付けたのも、こうした地形の特徴もまた関係しているのかもしれませんね。


築城当時のまま残る高岡城跡の石垣。

車社会の現代では町中の様子をゆっくり見る機会は意外と少なく、運動不足の一因でもあります。
東京で暮らしていたときは、本当によく歩いていました。高岡では歩いて5分の場所でも車で移動したくなります(笑)

だからこそ運動もかねて、歩いてみると自分の町の面白いポイントに気づいて楽しいものです。


町中でいきなり登場する急カーブ。これは江戸時代の城下町の名残で「枡形」といって、敵が攻めてきたときに進行をさまたげるために意図的につけられているものです。高岡にはこうした歴史の名残が日常空間にあふれています!


有磯正八幡宮の前に通る道は、かつての北陸道で大名行列にも使われていました。昔の道がそのままの形で今は道路になっています。


ぶらぶら歩いていると、かわいい鳥居がならんだ風景にも出会えます。


この場所は「野生の証明」という高倉健さん主演の映画のロケで使われました。
偶然その場に居合わせた、映画好きの観光客の方に教えてもらいました!


瑞龍寺近くの神社には鳥居を電車が横切るという珍風景もあります。

歴史都市高岡の魅力は何も、古いお寺など観光スポットだけにあるのではありません。
空襲も逃れ、江戸時代の町や道の形が多く残っている高岡には、街全体に様々な歴史的遺産が残っている「歴史都市空間」です。
点と点を行ったりきたりするだけの従来の観光案内では街の地域に負けてしまいます。

上記のような観点を活かすことで、高岡のディープな魅力を発信する新しい観光PRができると思います。

さらに地元の方々にも、故郷に対しての理解を深める意味で歴史探訪の町歩きは良い体験になるはずです。

10代の頃は自分の住んでいる高岡の良さ・特徴をほとんど知らずに県外に進学してしまいましたが、
いま振り返るとそれは非常にもったいないことだったなぁ〜と感じています。

独自のガイドマップや、案内ができる人材を育成することで観光客・地元民の両方にとって有益な観光開発ができるのではないでしょうか?