2020年06月07日

【お知らせ】,【選挙】

富山県知事選挙に向けた、推薦者選考について

昨日6月6日(土)、報道の通り、2020年10月に行われる富山県知事選挙における自民党推薦の候補者を選考する会が行われました。自民党の推薦を得ることを希望した、新田氏・石井氏のスピーチが行われましたので、ご報告します。自民党の富山県議会議員34名がお2人のスピーチを聴き投票しました。

昨夜、 私は SNSで速報として、自身が投票した方・理由を発信しました。 日頃から私を応援してくださっている支援者の方にご報告するためです。ただ、私の表現の拙さから想いが正確に伝わらない部分があり、SNSの難しさを感じました。

ご存じの通り、知事は「政党」が決めるわけではなく、「富山県民」が投票によって決めます。

今回はあくまで「政党」の推薦の話ではありますが、私のところには市民の方から「新田氏・石井氏の話を聞いてみたい」という声が複数届いていましたので、昨日のお2人のスピーチがどんなものだったのか、ご報告したいと思います。

私自身は、今回の推薦者選考過程をなるべく県民にオープンにしたいと思っていました。そのため、LIVE配信などをすべきであると執行部に提案してきました。結果としてLIVE配信の実現は叶いませんでしたが、私に今できることとしてこのブログを書きます。

※下記は私のメモをもとに記載します。

6/6(土)

13時30分~13時40分 新田氏

13時50分~14時 石井氏

でスピーチが行われました。

新田氏

私の原点は両親から学んだ、自分のことよりも誰かのため、という精神だ。

(以下、過去のご経歴の紹介がありましたが、ここでは割愛します。)

県政にかける想いは3つある。

1つ目は民間企業の当たり前を取り入れるということだ。

2つ目は誰ひとり取り残さない、多様な意見に耳を傾けることだ。脳関連障がいを持っている人を支援するパイロットクラブというものがある。JC活動で出会い、富山でパイロットクラブを立ち上げ、会長も務めた。

3つ目は時代を先読みして、スピード感を持って実行することだ。日本海ガスでは、地球温暖化防止のため、ガスの原料を天然ガスに転換するために莫大な先行投資を行った。国に先駆けて、スピード感を持って実行することの大切さが実を結んだ。

これから各自治体が移住者集めに必死になる移住の戦国時代に突入する。そこでは、選ばれる地方になる必要がある。テレワークが可能な超高速回線をいち早く整備し、行政手続きのデジタル化を推進し、遠隔医療や遠隔教育でトップレベルの医療・教育を提供しなければならない。

民間企業ではデジタル化は当たり前。台湾のマスク販売体制のように、データに基づく政策のスピーディーさを実現しなければならない。自分自身も1993年よりインターネットを活用し、今でもパソコン、スマホ、タブレットを使いこなし、チャットやZOOMも駆使している。

最後に、県民が主役の富山県、支える政治を実現したいと思っている。ワンマンではない支える政治を実現する。多くの県民が新しい知事を求めている。県議会、市町村、民間企業と心をひとつにして、県民の命、県民の幸せのために汗をかきたい。

石井氏

私は、ふるさとに希望を持って、県民が幸せに暮らせるような富山県を作りたい。

これまでの16年間では、約400億円の構造的財政赤字の解消、新幹線、税の偏在是正などに取り組んできた。構造的財政赤字が解消でき、ようやく自分のやりたいことがやれる段階に入った。

これからの富山県には、時代の先を読んだ、企画力・実行力が必要だ。コロナで県税は数百億円の減収になってしまうだろう。だからこそ、国にもお願いしながら、財源を見つけ、反転攻勢の手を打ち続けなければいけない。私の強みが活かせる。現在、好調のため予算額に想定より早く到達するコロナ関連の補助金があるが、そういう場合などには柔軟に予算額を増やして対応していくつもりだ。

コロナで改めて実感したことが2つある。

1つ目は東京一極集中の是正だ。今こそ、分散型国土を作る必要がある。2つ目はデジタルトランスフォーメーションだ。デジタル革命をこの機を逃さず、進めなければならない。

東京にあらゆるものが集まりすぎている過密の弊害にみんなが気付いた。ピンチをチャンスに変え、富山県への移住を強く訴えていきたい。また、新幹線の大阪延伸、県西部のLRT化、関電の黒部ルート開放、をなんとしても実現したい。

県政にはまだまだたくさんの課題がある。この解決のため、また、富山県の更なる発展、飛躍のために、県民のみなさまのお幸せのために、全力を尽くしてあたりたい。

以上が新田氏・石井氏のスピーチからの抜粋です。※メモできたことからの抜粋であることをお許しください。今後もお2人が街頭、SNSなどで発信されると思います。

結果は石井氏24票、新田氏7票、白票が3票。私は石井氏に投票しました。

ここからは私の判断の理由です。

私は、「民間目線・市民目線」を大切にしたいと思って活動しているつもりです(議員になったのは2年7か月前ですし、実際サラリーマンとして過ごした時間の方が長いです)。そのため、政治家としてもですが、いち「市民・県民」として話を聞いていました。

新田氏は10分間のスピーチのうち、手元の紙に視線を当てながらお話される時間が4割程度を占め、また、私には棒読みのように感じられました。県民にもこのように話されるのかな?と感じてしまいました。

私は、石井氏の武道館やテクノドームの進め方に不満があります。また、石井氏は長く県知事を務めています。ここらへんで後進を育てる側に回っていただくのもよいのではないか、とも思っています。

そのような想いもありますが、昨日の石井氏からは、これまでの取り組み、やり残したこと、そして「こういう富山県にしたいんだ」「私に担わせてほしい」という想いを述べられ、正直に言って並々ならぬ熱意を感じました。

政治には政策(これが無い方は信頼できません)、リーダーシップ(コロナで全国のリーダーを見て、なお感じました)、そして困難さえ乗り越える情熱が必要だと思っています。

政策は現職と新人なので横に置いても、情熱を感じられなかった方を選ぶことはできませんでした。

また、ここに至るまで、新田氏にスピーチの場が与えられない可能性もありました。しかし、「同等の条件を」と主張した人がたくさんいました。私もそのうちの1人だと思っています。いわば、新田氏に与えられたチャンスの場だったわけですが、準備不足を感じました。「今」に全力を傾けられない方は、応援できません。

新田氏は私が石井氏に投票したのを知った後も、個別にメッセージをくださいました。私のような若輩者にも気を配ってくれ、人として尊敬しております。また、選挙に挑戦される、そのこと自体にも敬意を表しております。ぜひ、頑張ってほしいなとも思います。

しかし、私は石井氏を応援します。石井氏の政策のすべてが私の考えと一致しているわけではありませんが、それはお互い「こうしたい」があるからであり、健全な形だと思っています。

私は覚悟を持って決めました。決めたからには全力で戦います。

立候補されるすべての候補者の方には、ご自身の言葉で県民に政策・想いを伝えていただきたいです。
富山県民が「この人に知事になってほしい」という人が見つかる選挙にしたいです。

2020年05月12日

【お知らせ】

飲食店のための、感染防止対策設備購入支援について(6/30まで)

自粛一辺倒ではなく、どうやって経済活動を再開していくかの準備が始まっています。

富山県は「県独自」の施策として、飲食店が行うコロナ感染防止のための設備購入(飛まつ感染防止のアクリル板等)を支援する施策を発表しました。2億1千万円を計上しています。昨日(5/11(月))詳細が発表されました。

【よくあるご質問Q&A】

「食事提供施設」が対象とありますが、【よくあるご質問Q&A】を見ると、料理店のほか、喫茶店、イートインスペース付きの菓子店、居酒屋も含まれています。下記URLもご覧ください。

http://www.pref.toyama.jp/cms_pfile/00022006/01397830.pdf

金額は決して多くありませんし、十分だと思っているつもりはありませんが、飲食店の方はぜひ検討頂ければと思います。

先日から、飲食店経営者の方々からお話を伺ったり、お店の貼り紙を見たりする中で、各店が断腸の思いで、状況を見ながら決断されていることを感じていました。 

*下記ブログ参照 

こういう現場への支援が、地方自治体のやるべきことだと思いますので、どんどんやっていかないといけません。まず、ひとつこうして、飲食店現場に対する県独自の取り組みを打ち出せたことはよかったのではと思っています。

引き続き、コロナに気をつけながら、困っているところがあったら助け合いながら、この困難を乗り切りたいです。

2020年04月15日

【お知らせ】

日本史上最年少の女性市長が誕生!

こんにちは、富山県議会議員の瀬川侑希です。

少しコロナから離れた話題を…。

いよいよ今週土曜4/18(土)に、日本史上最年少の女性市長が誕生します。場所は徳島市!彼女の名は「内藤佐和子」さん!

なんと私とは、大学1年時のクラスメイトなんです!

彼女はいつも明るく、自然と周りに人が集まる。そして、よく人の話を聞く、聞き上手。けれども、まとめないといけない時はブルドーザーのように周りを引っ張る、そんな女性でした。

若者の視点、女性の視点、子育て中の視点、外から地方を見る視点。


彼女なら、地方に新しい風を吹かせることができる。

何より、友人の一世一代の挑戦!

と思い、3月に徳島へ応援に行ってきました。

(新型コロナを警戒し、感染拡大地域では車から降りず。)

本人や支援者が頑張っていたのはもちろんですが、

事務所も、訪れるのが心地よくなるしつらえで、このような細やかな心配りが市政に繋がると素敵な市になるだろうなと感じました。

ふんだんなキッズスペース!
段ボールアスレティックは私も思わず遊びたくなりました!

新型コロナで世の中がこんなに大変な時、選挙をしていていいのか彼女も悩んでいました(当時徳島県内感染者は1名でした)。

しかし、「徳島市をよくしたい!今のままではダメだ!」と、この状況を受け入れた上で、できることを探して精一杯活動していました。

これは自分の考えですが、

徳島も富山も、地方は今どこも厳しいと思っています。人口減少、少子高齢化、自治体の財政、みなさんの身近なところでも近所に空き家が増えていたり、目に見える影響があるのではないでしょうか?

だから地方は今、変わらないといけない、そんな瞬間だと思います。

継続ではなく、ゼロベースで物事を組み立て直さないといけません。そして、そういう決断のできるリーダーが求められていると思います。

彼女は36歳。任期が終わっても、市民から「あなたの時にあれが決まった」と言われ続けることになるでしょう。

だから、自分の決定から例えば30年後も「逃げられないからこそ」、

責任を持って

覚悟を持って

決断するはずです。

投票日は4/5(日)。夜はパソコンの前で、ドキドキしながら開票速報を見ていましたが、

無事勝利!!

よかった…。

冒頭にも書きましたが、任期は4/18(土)から。

徳島市がこれからどう変わっていくのか、友「内藤佐和子」の挑戦をこれから注目していきたいと思います。

また、これは富山の話ですが、

富山県の女性管理職の割合は全国44位の7.6%。

昨年、世界経済フォーラムが発表したジェンダーギャップランキング。日本は153ヶ国中、過去最低を更新し121位。

その日本の中で管理職割合が44位ということは、男女格差が大きい日本で、特に男女格差が大きい地域ということになってしまいます。

女性リーダーの徳島市から、きっと富山に活かせることがあると思うので、学んでいきたいと思います!!

それではまた!

2020年02月26日

【お知らせ】,【県議会】

本日、2月定例会が始まりました!

こんばんは、富山県議会議員の瀬川侑希です。

本日、2月定例会が開会!

来年度のほぼすべての予算をこの議会で決めてしまう、年間で最も大事な議会です。

会期も長く、普段は20日間程度ですが、今回はまるまる1ヶ月間。3月24日まで。

質問者も多く、40人の県議会議員のうち、32人が質問に立ちます!

初日の本日は、午前中に石井知事の予算提案理由説明があり、

午後は県庁側から主だった事業の説明が。

この分厚い説明書の中身が4時間でバーッと説明されます。

当然、この数時間では詳細が分からないので、気になるところは後日、自分でアポを取って、県庁側に聞くことになります。

教員や警察官も含めて、富山県の職員は14,000人。

この人数の1年間の仕事内容を2月定例会でチェックするといっても過言ではないので、それはそれは膨大な量ですが、選挙で選んで頂いたものとして、気合を入れて臨みます!!

私の質問は、

3/9(月)10時~11時に決まりました!

コロナウイルスが広がっており、いつものように「議場にお越しください!」とは言えませんが、

ケーブルテレビやインターネットで視聴できますので、

お時間ある方はぜひ画面越しに応援ください!

頑張ります!!

本日は昼休憩の時間に、ファンである「CHIKO」さんのミニコンサートが!CHIKOさんの時に繊細、時にパワフルな歌声!人にエネルギーを与える「歌」ってすごいですね!

パワーをもらい、いつも以上の質問ができそうです!

(今度、初めてのCDを出すそうです!!絶対買います!)

2019年03月26日

【お知らせ】

後援会の皆様に「瀬川ゆうき通信」を送りました。

瀬川ゆうきです。


普段から瀬川ゆうきを応援してくださる後援会の方々に向けて、瀬川ゆうき通信を郵送でお送りしました。

後追いになってしまいましたが、新聞などで報じられていることについて、自分自身の言葉でしっかりと後援会の皆様にはお伝えしなければならないと思い、お送りいたしました。

「もう瀬川を応援したくない」とお思いになる方もいらっしゃるかもしれないですが、今回の経緯をご理解いただき、引き続き変わらぬ支援をいただけると嬉しいです。

2019年03月22日

【お知らせ】

3月23日(土)、事務所の開所式をおこないます。

市民の皆さん、こんにちは。瀬川ゆうきです。

てんやわんやで準備を進めておりますが、なんとか前回の市議選と同じ場所に後援会事務所が建ちました!

22日時点で電話回線も通ってない、お茶くみ用のポットもないという状態ですが、23日13時から開所式を開催いたします。

駐車スペースは事務所前およびア・ライズ隣りのスペースにございますので、皆さんお誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

今回、本当に急な決定となり、ニュースを知って困惑しているかもしれない皆さんに直接声を届ける1つの機会となります。瀬川の思いは、以前と変わらぬことをしっかりお伝えしたいと思います。

2019年03月21日

【お知らせ】

瀬川ゆうき、今日も元気に街頭に立っています。

高岡市民の皆様、お騒がせしております。瀬川侑希です。

新聞などでご存知の方も多いかと思いますが、今度の戦いに向けて、ただいま街頭に立ち、挨拶や演説をさせていただいています。

これから3月末まで、高岡市内の各地の街頭に立ちます。

高岡駅、新高岡駅でも通勤・通学中の方々にむけて演説いたしました。

1年半前にはじめて選挙に出た時は、不審者のように思われましたが今では駅員さんとも馴染みの関係になりました(と、自分では思っています)。

駅以外にも、地元高岡の路上で声かけ、手振りをやっております。

ありがたいことに、前回の選挙で応援してくれた若い世代にも朝早くから合流してもらい、一緒にやってもらっています。

個別訪問も、各地域でやっております。

お見かけの際は、声をかけたり、手を振り返りしていただけると励みになります。

良い結果を残せるように全力でがんばります!

「瀬川ゆうきの決意表明」はこちらからお読みいただけます。

2018年09月14日

【お知らせ】

だいすけおにいさんといっしょ!!

こんにちは、高岡市議会議員の瀬川侑希です。

 

先月、「おかあさんといっしょ」の11代目うたのおにいさん、横山だいすけさんが来県され、対談する機会を頂きました!

 

横山さんは、1983年生まれ。千葉県出身。2006年に国立音楽大学音楽学部声楽学科をご卒業。

みなさまご存知、2008年~2017年までNHK Eテレ「おかあさんといっしょ」のうたのおにいさんを務められ、9年間という歴代最長出演記録をお持ちです。

「うたのおにいさん」以前は、劇団四季に在籍され、「ライオンキング」等の舞台に出演されておられました。

 

私は横山さんについて、

『「うたのおにいさん」になる事を「高校生の頃から」目指していて、自分の部屋に「うたのおにいさんになるには、どうしたらいいか」について書かれた記事を貼って、努力を重ねていた』

というエピソードを知っていたので、

子どもの頃からの夢を諦めずに目指し続け、そして叶えられた横山さんにお会いするのをとても楽しみにしておりました。

 

対談の中では、夢を目指し続ける事の大切さを話してくださり、

他にも、

「うたのおにいさん時代は一部の地域しか行けなかったので、もっと多くの子どもたちと触れ合いたいと思って、今は全国を回って、直接子どもたちと触れ合ってるんです」

「最初は緊張する子もいますが、こっちが楽しいと思っていると、自然と伝わりますよ」

と語る横山さんは、情熱的なとっても素敵なおにいさんでした!

 

熱い気持ちを持って、実際に全国を回られる行動力、

コミュニケーションの基本は自分の気持ちだとおっしゃる、その姿勢、

仕事は違えど、横山さんから、たくさんたくさん学ぶ事がありました。

(議員の活動とは少し離れますが、私も時々、幼稚園や保育園で空手を教え、子どもたちと触れ合う機会があるので、横山さん直伝の心構えで触れ合います!)

 

私からは、全国唯一の「ものづくり・デザイン科」を実施している事など、高岡市の教育を紹介したところ、興味を持って熱心に聞いてくださり、

また、ドラえもん×ジャポニカをプレゼント(富山市で!)したら大変喜んでくださり、とても嬉しかったです!

 

9/30(日)に「だいすけお兄さんの世界迷作劇場2018-19」の公演で再び富山に来てくれますよ!!(@オーバード・ホール)

皆さまぜひ!!

http://www.rkx-t.com/meisaku/

2018年08月31日

【お知らせ】

9/30(日)に活動報告会を開催します!

*9/30(日)9:50追記

台風24号接近のため、本日の報告会は時間を短縮(第二部をカット)して行います。ご了承ください。開始時刻は午後3:30で変更ありません。

 

こんにちは、高岡市議会議員の瀬川侑希です。

 

このたび、9月30日(日)午後3時30分~5時30分で、

瀬川ゆうき活動報告会を開催します!

 

 

予約不要、初めての方、大歓迎です!

←前回開催時の写真です。

 

2018年3月〜9月の高岡市議会での瀬川の質問内容、議会で決まったこと、委員会の様子

などをご報告する予定です。もちろん質疑応答の時間もございます。

 

また、今回はテーマを絞った意見交換の場として、

高岡市のハザードマップを確認し、特に浸水対策について皆さまと確認・意見交換する時間も設けます。

高岡市政のことについて、分かりやすく説明しようと思いますので、ぜひお越しください!

 

【日時】
9月30日(日)午後3時30分〜5時30分

●第1部 市政全般のご報告〜質疑応答(70分)
●第2部 高岡市の浸水対策について(40分)~ 

*9/30(日)9:50追記

台風24号接近のため、第二部をカットし終了時刻を早めます。ご了承ください。

【会場】
高岡市青年の家 第1研修室
(高岡市江尻1321-1)

 

「近所で活動報告会を開いてほしい」という開催リクエスト大歓迎です!

もちろん少人数でも結構です!ぜひお知らせください!

2018年01月05日

【お知らせ】

1/27(土)瀬川ゆうき活動報告会開催

あけましておめでとうございます!年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか?今年1年がみなさまにとって素晴らしい1年になりますように!

 

選挙後、誰よりも早く報告会を行おうと、

この度、1/27(土)夜7時より「瀬川ゆうき活動報告会」を開催致します。

(もっと早く報告会をやってらっしゃる方がいたらすいません…)

 

2017年12月高岡市議会での瀬川の質問内容、現在の所属委員会について、12月議会で決まったこと、市政のことなどを報告する予定です。

高岡市の財政についてもお話しいたします。

ぜひご来場ください。

 

日時:1/27(土)夜7時〜7時40分

会場:ウイング・ウイング高岡 5階 研修室503(高岡市末広町1番8号)

 

 

※参加は無料です。

※お子様連れでのご参加も大歓迎です。

※7時40分にて活動報告会は終了しますが、その後8時30分まで瀬川は会場におります。

個別に質問されたいことやご意見がある方は、どうぞこの時間をご利用ください。

 

【お問い合わせ】

segawa@segawayuki.net

080-2382-5533