2022年03月31日

鶏の屠殺体験-その先を想像しよう

こんにちは、富山県議会議員の瀬川侑希です。

前回のブログでは、北陸新幹線について書きましたが、

ブログ | 瀬川ゆうきオフィシャルサイト (segawayuki.net)

南丹市を訪れた目的はもう1つありました。

それは鶏の屠殺体験です。

以前、小学生が魚の姿を知らず、切り身のまま海を泳いでいると思っていたというニュースを見ました。

富山県生まれの私としては「そんなバカな!」と思いましたが、一方で肉がどうやって並んでいるのかは知りませんでした。

南丹市美山町の「田歌舎」ではその体験ができるということで、行ってきました。

参考:田歌舎|京都美山の自給自足の宿泊・レストラン・アウトドアツアーのお店 (tautasya.jp)

(ここから先の画像は血を含みますので、苦手な方は遠慮ください。)

生きた鶏を捕まえ、喉を割き血を抜きます。

70度のお湯で毛を抜きます。

筋肉にそって包丁を入れ、部位ごとに分けます。

内臓も切り分けます。

卵が作られるプロセスも少し分かりました

鹿を解体しているグループもありました

血抜きをする際は、バタバタと力強く羽が動き、、、

壮絶な体験でした…。

しかし、体験してほんとよかった…。

「食べる」ということは「命をいただく」ということ。

頭では分かっていても、もう少し深く、その意味を理解できたと思います。

私の文章や写真だけではもちろん表現しきれません。

鶏を手に抱えたときの温もり。
血抜きの際の壮絶なはばたき。
鶏の様々な臓器の繋がりと働き。
私たちがそれを食べさせてもらっている繋がり。

どれも文章にできない感覚です。

新幹線の時も感じましたが、

もっと見えないところを想像して、向き合っていきたいと思います。