2019年07月31日

【自分の考え】

消費税増税分は何に使われるの?

こんにちは、富山県議会議員の瀬川侑希です。

いよいよ、10月から消費税が8%→10%になります。

嫌な変更かと思います。

税金が上がることに対して、嬉しい人なんて誰もいないでしょう。私だってそうです。少しでも低い方がいいに決まっています。

しかし、お子さんもお年寄りも、みんなが安心して暮らしていくために、社会保障は充実させていかなければなりません。さらに、高齢化で社会保障に必要な費用はどんどん膨らんでいます。働く世代を中心に徴収するばかりではなく、同じ税率で、消費に比例して少しずつ分担し合う。ある程度の消費税は仕方のないことだな、と私は考えています。

このテーマには様々な立場からの意見があります。批判もありましょうし、議論が尽きませんが、

活動をしていると、「消費税を増やして何に使うの?」という質問が結構多いため、「何に使うのか?」に絞って、書いてみたいと思います。

そもそも消費税を10%に上げるのは、2012年、当時の民主党政権時代に決まりました。
消費税率を5%→8%、8%→10%の2段階で増税すること、そして

5%の増税分は全額社会保障に充てること

が当時決まっています。

その後、2014年に5%→8%になりました。

8%→10%は、もともと2015年に行われる予定でしたが、2017年へ延期。さらに2019年へ再延期され、今日を迎えております。

8%→10%への増税分は約5.6兆円と試算されており、

約2.8兆円は、借金の返済に、

約1.1兆円は、社会保障の充実に、

約1.7兆円は、教育・子育ての充実に、使われる予定です。

(教育・子育ての充実とは)

認可保育所や幼稚園に通う3~5歳児と、住民税非課税世帯の0~2歳児の保育料が、原則無料になります。

ベビーホテルやベビーシッターなどを含め認可外の施設も一定条件をクリアすれば月額最大3.7万円の補助を受けることができます。

また、低所得者を対象に、大学や専門学校の学費や入学金の免除などを進めていく方向です。

実はもともと、このような使い道だったわけではなく、増税分の使い道は2017年に変更されています。

当初は、増税分の4分の3を借金の返済、残りの4分の1を社会保障の充実に使う予定でした。

これを借金の返済に回す分を増税分の2分の1に減らし、残りの税収について1.7兆円を教育・子育ての充実に。

高齢化による社会保障の増に税収が追いつかず、国の借金が拡大している状況が続いています。上記の使い道変更によって借金拡大ストップはさらに遠のいたのですが、

私は税金の使い道をより子どもたちに、子育て世代に、これからの世代に、というのは自分の考えとも同じで、よい判断だったと思っています。

(話は逸れますが、今回の増税に関しては、新聞が軽減税率対象(生活する上で必須となるものを低い税率とするルール)の8%であること。そして新聞社がそれに対して何も紙面で言わないことに疑問です。人のことになると追及するのに…。むしろ新聞よりインターネット通信費の方が、みなさんの生活に必須ではないでしょうか…。)

ちなみに、消費税10%は全額が国の財源になるわけではなく、3.7%は地方に使われます。市町村や都道府県も税収が増えることになるんですね。

冒頭にも言いましたが、消費税が増えて嬉しい人はいないと思います。解決方法を含めて、色々な考えがあり、どれが正しいというものではなく、どれも否定するものでもありませんが、私はこんな風に考えています。

2019年07月26日

【市議会】

OBとして嬉しい高岡市の動き

こんにちは、富山県議会議員の瀬川侑希です。

今回は私が嬉しかった話を。

3つあります!

「稼ぐ自治体になろう!」というのが私の信条でして、3月まで務めた高岡市議時代に、ひとつの具体例として、ふるさと納税について何度も質問したり、担当課と打ち合わせをしてきました。

まず、1つ目の嬉しい話として、昨年10月に、高岡市はふるさと納税のメニューを86種→159種に倍増し、特に「食」分野のメニューを充実させました。肉や地元産にこだわったジェラートなど。

私は高岡の「食」は本当においしく、全国に自慢できると思っていますので、この対応は大変嬉しかったです。

また、昨年11月24日にFacebookで県外の知人・友人にふるさと納税の案内をする投稿をしたところ、予想を超える多くの反応があり、さらに感動しました。

2つ目の嬉しい話として、そしてそのリニューアルの結果、昨年度は過去最高の寄付額となりました!パチパチパチ!

応援してくださったみなさま、本当にありがとうございました!!

前の年と比べ、法人などからの寄付は830万円減でしたが、

個人からの寄付は1,719万円増えて、合計4,798万円に!

まだまだ全国の自治体と比べて、少ない金額ではありますが、高岡市にとって大事な1歩かと思っています。

大変なこともあったでしょうが、リニューアルに挑戦して、結果もついてきた。

この結果は間違いなく職員の自信になり、「じゃあ次はあれしたらどうかな?これやってみよう!」と、いい循環が生まれるのでは?と勝手に期待していたら、

ほら!!やっぱり!!

3つ目の嬉しい話として、さらに今年度、ふるさと納税のメニューをリニューアルしました。

朝採れの魚を初めてメニュー化したり、

北陸新幹線グランクラス往復利用の旅セットなどにも挑戦!

何より、申し込みサイトを1サイトから5サイトに、売るチャネルを増やしました。申し込みサイトを増やすことは商品を売るお店を増やすことを意味します。それだけ多くのお客様との接点が生まれるので、ぜひやるべきだと言い続けてきましたが、ようやく実現し、喜びもひとしおです。

今年度の目標は8,500万円とのこと。もちろん達成するに越したことはありませんが、毎年改善を加え、目標に挑戦する。そのサイクルができたことを評価したいと思います。

これを続けていけば、必ず結果はついてくる!!ガンバレ、高岡市!!

2019年07月17日

【市議会】

政務活動費の使い道報告(平成30年度)

おはようございます、富山県議会議員の瀬川侑希です。

3月で高岡市議会議員は自動失職になっておりますが、政治家を続ける限り、透明な議会活動を行いたいと思っています。前職のことではありますが、1年前に引き続き、政務活動費の使い道をご報告致します。

1年前の報告は下記です。

この1年で環境は色々変わりました。

①まず、政務活動費は、平成30年度は議員1人につき、月額75,000円→50,000円になりました。

②また、1年前は自主的に公開しましたが、昨年度途中から高岡市議会のHPで全会派の使用実績が、公開されることになりました。

特に②に関しては、今まで議会事務局にお越し頂き、申請があって初めて閲覧できたものが、能動的な公開ですので、当たり前のことではありますが、それでも大きな一歩かと思っています。

高岡市議会議員の政務活動費は、

地方自治法第100条第14項から第16項までの規定により制定された「高岡市政務活動費の交付等に関する条例」に基づき、

市政に関する調査研究など、市議会議員としての活動のための経費の一部として、会派に交付されています。

全体としては、

476,053円の使用、

123,947円の返還となりました。79.3%の使用です。

詳細な中身や、領収書はこちら高岡市議会のURLをご覧ください。

https://www.city.takaoka.toyama.jp/gikai/shise/shigikai/documents/daisuki30_1.pdf

以下、簡単にまとめさせて頂きます。

研修費:198,421円

会費は以下です。

「日中議連会費」3,121円
「日韓議連会費」2,121円
「日台議連会費」2,162円
「国際交流協会会費」2,000円
「日中友好協会会費」2,000円
「拉致議連会費」2,097円

研修参加は以下です。

「民間活力導入による公共施設整備」旅費13,600円
「歳出予算審議のポイント」旅費14,900円+参加費5,000円
「歳入予算審議のポイント」旅費14,900円+宿泊費8,000円+参加費5,000円
「発展する地域 衰退する地域」参加費5,000円
「学校統廃合と廃校の利活用」旅費26,120円+参加費15,000円
「幼児教育・保育の無償化と保育行政」旅費25,700円+宿泊費11,700円+参加費10,000円
「あなたの街の自治体財政」参加費30,000円

広報費:12,500円

市政報告会会場費:5,000円+1,000円+5,000円+1,500円

資料作成費:5,912円

すべてコピー代です。

資料購入費:46,612円

書籍代と新聞代です。

「農業新時代」929円
「農業のマーケティング教科書」1,728円
「富山は日本のスウェーデン」886円
「凡人のための地域再生入門」1,674円
「稼ぐまちが地方を変える」799円
「地方創生大全」1,620円
「憲法問答」1,620円
「福岡市を経営する」1,620円
「学校の「当たり前」をやめた。」1,944円

富山新聞3,072円×11カ月分=33,792円

事務所費:212,608円

会派事務所の賃借料19,328円×11カ月分です。議会事務局へは物件の契約書も提出しております。

以上になります。

昨年度は意識的に研修に多く参加しました。高岡市の財政の問題、公共施設再編の問題は、高岡だけで考えるには限界があり、多くの事例に触れる必要があると感じたからです。研修以外にも、個人的にたくさんの事例を直接見に行ったり、聞きに行ったりしました。

こういった研修にはいくつか「はずれ」があるものですが、どの研修も大変有意義で、資料もまとめてありますので、内容を知りたい方はご連絡ください。

議員報酬もそうですが、政務活動費は市民の大切な税金です。その認識を決して忘れず、県議会議員になっても、公開は続けていきます。